ユーグレナの特徴

最近、ユーグレナという言葉をよく聞くようになりました。有名なところでは、ユーグレナの青汁でしょう。ただ、名前は知っているのですが、そのユーグレナ自体についてはあまり知られていないようです。ではこのユーグレナはどういったもので、どのような特徴があるのでしょう。

ユーグレナとは、ミドリムシのことです。ムシという名は付きますが藻の一種で、体長は0.05mmほどの微生物です。このミドリムシは、藻ではありますが、自分の力で動くことができます。つまり、植物と動物の特性を兼ね備えた珍しい生物なのです。また、藻の一種ですから、光合成を行い、様々な栄養素を作り出し、その体の中に蓄えています。この栄養素が人間にとって非常に有効ということで、ミドリムシは注目を集めるようになったのです。

このミドリムシは、二酸化炭素があれば生育が可能なのですが、大量培養するには様々な問題があり、実現できていませんでした。しかし近年、ミドリムシの大量培養が技術的に可能となり、青汁などの商品となり市場に出回るようになりました。何億年も前から地球上に存在してきたこのミドリムシ。その潜在的な力が、ユーグレナの青汁となって今、人間の健康のために大きく貢献しているのです。

Comments have been closed/disabled for this content.